つら~い肩こり首こり解消法

体の疲れ

皆様お疲れさまです!肩こりや首こりでお悩みではありませんか?実は、ほとんどの方は姿勢が原因で起こっているんです。今回はガッチガチに固まってしまった肩や首のお話です。

頭が前に出る姿勢を続けていませんか?

パソコンやスマホ操作の為に、うつむいた姿勢をずっと続けていませんか?勉強や仕事で何している時は、腕を前にだして頭が肩よりも前に出ている姿勢をしていると思います。

実は、この頭が前に出る姿勢が肩や首の筋肉に大きな負担をかけているのです。頭の重さはおおよそ体重の10パーセントほど。肩や首の筋肉は、毎日その重さを支えてくれているのですが、頭が前に出るほど、その負担が何倍にもなってしまいます

体重50キロの人でしたら、頭の重さが約5キロ。頭が2.5センチ前に出るごとに、肩や首の筋肉にプラス4キロの負担になるそう。うつむき姿勢や前傾姿勢を続けると、それだけ肩や首の筋肉が凝ってしまうのです。

本当はこういった姿勢をしないように気を付けなければいけないのですが、実際やめるのは難しいですよね。スマホやパソコンといった現代機器を使う生活をしているので、どうしてもそういう姿勢をとらないと出来ないわけです。

また、重い荷物を肩にかけて持つのも結構負担になっています。毎日同じほうで持っていたりすれば、体のバランスもずれてしまうので、筋肉も凝りやすくなります。

実は、肩や首を揉んでも効果は一時的

まず凝っている肩や首の筋肉を触ってみましょう。どうですか?ゴリゴリしてますか?私はなんだか詰まっているような硬さをよく感じます。実は肩こりや首こりって、マッサージして一時は良くなってもすぐに元にもどってしまうんですよね。

もちろん軽度の肩こりの方はマッサージでも楽になりますし、血流が改善すれば痛みはある程度取れます。ただ、マッサージの刺激がクセになってしまうと、だんだんその刺激が効かなくなって筋肉を傷つける可能性もありますので、やりすぎには注意しましょう。

肩や首の筋肉はかたくなることで頭を支えています。普段の姿勢や癖を直さないかぎり、また同じように筋肉が頑張らないといけなくなるのです。

そこで試したいのが、無理のない姿勢を覚えて骨を正しい位置に戻すということ。頭や肩が前に出ることで筋肉に過度な負担がかかっているのですから、後ろに戻せばいいんです。

肩こりや首こりを解消するには

力を抜いて筋肉が張らなくてもいい状態になれば、自然と凝りはほぐれていきます。

肩こり首こりを解消する為に、まずは体の力を抜いて深呼吸を行いましょう。心が緊張状態だと血流も良くなりませんので、不安や心配事も出来るだけ考えないようにします。

数枚重ねて細長く丸めたバスタオルを、背中の下に縦に置きます。そして仰向けに寝るだけ

そうすると、肩が重力で下に引っ張られて縮みこまった胸が伸びます。頭も上を見上げる形になり、首の後ろ側がストレッチされます。この状態を数分保ちましょう。※痛みや気持ち悪さを感じたらすぐ止めましょう。

その後、バスタオルをはずします。どうですか?なんだか辛さがましになっていませんか?これは骨が正しい位置に戻ることによって、筋肉への負担が減るからなんです。毎日続けることで、少しづつ体が覚えていきますよ。

バスタオルを背中の下に置いていた時の姿勢(肩が胸より後ろより)を、座っている時や立っている時にも意識すると良いと思います。

あとはやっぱりストレスを溜めないこと。気楽に物事を考えたほうが体がリラックスしやすく疲労もとれやすいです。また、首こりは目の疲労からきていることも多いので気をつけてください。肩こりも腕の筋肉疲労からきていることもあります。

ストレッチでも効果あり

両肩に手を置いて、前、後ろとぐるぐる肩を回しましょう。またタオルを両手で持ち、頭の後ろで上げ下げするのも効果的です。

出来るだけ肩甲骨を背中に寄せることがポイントです。この時無理に力を入れてはいけません。逆に筋肉を傷めてしまうので、あくまでもゆっくり緩めていきましょう 。

意外と気づかないのが、股関節周りの凝りです。人は痛いところにばかり意識がいってしまうので、痛みの原因が他のところにあるなんて分からないものです。

体の筋肉は全身繋がっているので、肩こりの原因が実は…なんてことも。 横になって、脚を大きく回してみてください。股関節あたりが痛くないですか?脚の裏側も伸ばしてみてください。

ピーンと張ったような痛みがありませんか?これって動かしてないせいで固まってしまっているんです。お尻から太ももの裏側、股関節周りは凝っていても肩のように揉んだりできません。

こまめに動かして、動いていない筋肉に刺激を与えていきましょう。 ストレッチしてもコリがほぐれない…って方はもしかしたら体が冷えてしまっているのかもしれません。凝っているところを蒸しタオルなどで温めて血の流れを促しましょう。

触ったら痛い、動かしても痛い状態になってしまったら、炎症が起きています。無理に動かしても悪化させるだけなので、安静にしましょう。

湿布は筋肉の緊張を和らげる効果があるので、痛めてしまったら使いましょう。ただし使用上の注意をよく読んで使ってくださいね。

簡単にですが肩こり首こり解消法を紹介しました。疲れたな~と感じたら無理せず休んでくださいね!それではまた~!

スポンサーリンク
体の疲れ
皆様お疲れさまです!
タイトルとURLをコピーしました