やる気が出ないのは最初から100を考えるから!

心の疲れ

皆様お疲れさまです!やりたいこと、やらなくちゃいけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ない時ってありますよね。今回はやる気に関するお話です。

完璧を考えてない?脳は労力を嫌う

例えば勉強や仕事、趣味など、何か始めるときに何を考えますか?勉強だったら科目や範囲、仕事だったら段取りや進め方など、何をどうやるかを考えますよね。

やる気が出ない時ってどんな時でしょう?だいたい「面倒くさいな」「だるいな」と感じる時じゃないでしょうか。

体調が悪い時や疲れがひどい時は、もちろん動きたくないと思うのは当然です。しかし、何となく気分が乗らないという時、無意識に「あれをこうしてああしなきゃな~…」と全体のことを考えて「それは大変なことだ」という気持ちになっていませんか?

脳は無駄に労力を使うのを嫌います。「やらない」理由をいっぱい出して、エネルギーを温存しようとします。始める前から、「テスト範囲全部覚えないといけない」とか、「今日中に今持っている仕事終わらせないといけない」「趣味を始めるなら極めないといけない」などハードルを高くしてしまうと、脳はやる気を出してくれません。

何事も完璧を考えずに、小さな目標を立ててみる

どうしてもやらないといけないことって…なんだか嫌ですよね。「やらなきゃ」と感じているのは、「しなくてはいけない」と自分を縛っているわけですから、気分も良くはなりません。

始める前に、本当に自分にとって必要なことか考えてみるのも良いかもしれません。やる気が出ないのは「やりたくない」という本心かも?それでも「やる気を出したい!」という方は、まず本当に小さな目標から始めてみましょう。

勉強が苦手で手が付けられないという方は、とりあえず教科書や参考書を開いてみましょう。最初から覚えたり解いたりせず、文章を読む。出来そうだったらやってみる。など、低いハードルからやっていきましょう。

仕事がなかなか進まないという方は、とりあえず〇時までにこれをする!と、ひとつの業務ごとに集中してやってみましょう。人は基本的にひとつのことしか出来ませんので、全体のことを考えてしまうと集中できません。

趣味に関しても、始めるならとことんやる!とついつい色々調べてしまいます。楽しく感じるかどうかも分からない状態なので、あまり深く考えずにとりあえず経験してみるか~ぐらいでやってみるといいでしょう。もちろんいつでもやめてもいいんです。

やる気なんてなくても始めたらなんとかなる…でも無理は禁物

始めてみると意外と集中して出来るものです。しかし、疲れが出るまでやってしまうと、「嫌なこと、大変なこと」という感覚が残ってしまいます。また次にやろうとする時、やる気がでない~なんてことになってしまうかも。

必ず疲れない程度の時間で取り組むといいでしょう。こまめに休憩を取ったり、気分転換できるものを取り入れましょう。

無理をしていいことなんてありませんので、「本当にやる気がでない」という時は迷わず休みましょう。ストレスが溜まりすぎて心身共に疲れているのかもしれません。

そんなときは好きなものを食べてぐっすり眠りましょう。人生絶対やらなきゃいけないことなんてありませんからね。ここまでお読みいただきありがとうございました。それではまた~。

スポンサーリンク
心の疲れ
皆様お疲れさまです!
タイトルとURLをコピーしました