毎日試したい目の疲れ解消法

体の疲れ

皆様お疲れさまです。スマホやパソコン作業などで目が痛くなったり霞んだりすることってありますよね。私たちは目を酷使する暮らしを自然としてしまっています。今回は疲れ目対策や解消法をご紹介します。

★目が疲れる原因

1.ずっとスマホやパソコン、テレビなどの画面を見続けている

現代人なら多くの人が当てはまると思います。日常で液晶画面を見ない人は少数でしょう。

涙によって目の表面は守られているのですが、まばたきをすることで目の表面に水分を届けています。しかし、画面を見続けているとまばたきが減ってしまい、目が乾いてしまいます。この状態を「ドライアイ」といいます。

「ドライアイ」になってしまうと、目の表面に傷などが出来て、強い痛みやゴロゴロとした感触、不快感が生じてしまいます。

2.眼鏡やコンタクトが合っていない

度が合っていない眼鏡やコンタクトをしていると、何とか見ようとして目の筋肉に負荷がかかります。

その状態が長く続くと、ピントを合わせる筋肉の働きが低下し疲れやすくなってしまいます。また、目の状態は年月によって変わっていきますので、古いものを使い続けている人も注意が必要です。

3.目の機能が加齢で低下している

歳をとると、目のレンズ(水晶体)が硬くなり筋肉(毛様体筋)の働きが衰えてきます。そうなるとピントが合わせづらくなり、どうしても疲れやすくなってしまいます。

★疲れ目にならない為に

気づいたときには目が痛い!ゴロゴロする!かすむ!見えない!となってしまう疲れ目。そうなる前に気を付けたいことは…ズバリ、近くを見た後は遠くを見る習慣を付けましょう!

人の目は、遠くを見るほうが楽な構造をしています。【近くを見る⇒力を入れる】、【遠くを見る⇒力を抜く】感じです。

近くを見たままだと目の筋肉が固まり、動きにくくなります。なので、固まる前に遠くを見ることである程度予防することが出来ます。とは言っても、一瞬見ただけじゃあんまり意味はありません。

目安としては、1時間スマホやパソコンをしたら15分は目を休めて、風景など遠くを力を入れずに眺めましょう。

★疲れ目解消法

気を付けていても目の疲れはやってきてしまいます。そうなってしまったら、疲れ目を解消する時間を取りましょう!

目の周りを温める

目の疲れは筋肉が固まったり血流が悪くなることが原因です。蒸しタオルなどで目の周りを温めましょう。

ハンカチやハンドタオルなどを濡らし、電子レンジで10秒~20秒ほど温めれば、蒸しタオルの出来上がり!※火傷に注意してください。目安としては手で持てるくらいの熱さです。温め過ぎた場合は、すこし冷ましましょう。

夜寝る前や作業の後に目の上に、冷たくなるまで乗せておきましょう。終わった後は、なんだかスッキリしている感じがします。

マッサージする

目の周りには、目の疲れに効くツボがあります。優しく押してあげると、疲れが和らぎます。強く押しすぎると逆効果なので、あくまで軽くほぐす感じでやってみましょう。

◆目頭~眉の真ん中あたり…軽く眉を沿うように押してみましょう。ゴリゴリした感触があれば凝っていますので、優しくほぐしましょう。

◆こめかみ…眉から耳側にすすんだところにあるくぼみ。目が充血した時や頭痛があるときに押してみましょう。痛くないくらいの力で3~5秒押して離す、を繰り返します。

◆目の下…下まぶたの少し下の真ん中あたり。ここも充血に効果があります。軽く押してを繰り返します。目頭と同様に優しくほぐします。

マッサージの後は出来るだけ目を使わずに早めに寝ましょう。ほぐしても目を使い続けると疲れは取れません。

目によい栄養素をとる

毎日疲れ目に悩んでいる方は、普段から意識して食材を選びましょう。

★ビタミンA…かぼちゃ、にんじん、緑黄色野菜に多く含まれています。目の粘膜を保つ働きがあり、ドライアイを予防します。

★ビタミンC…いちご、レモンなどの柑橘類、じゃがいもなどに多く含まれています。目のレンズ(水晶体)を正常に保つ働きがあり、体の老化を遅くしてくれます。

★ビタミンB1…豚肉や大豆などに多く含まれています。筋肉の疲れを和らげ、神経の機能を正常に保つ働きがあります。エネルギーを作る栄養素でもあるので、体が疲れやすい人も必要な栄養素です。

★ルテイン…ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。網膜を守る働きをするので、目の老化を抑えてくれます。

目を酷使する生活をしている現代人。是非、疲れ目解消法を試してくださいね。毎日頑張っている目を労わり、無理せず休息を!それでは~。

スポンサーリンク
体の疲れ
皆様お疲れさまです!
タイトルとURLをコピーしました